出会い系のFTM

「FTMでもマンコは普通っしょ?」と自称FTMのアイカは天井を見上げながら言った。
普通と言うかだいぶ使い込んでいるように見える。FTMだから異性経験のない処女だと言う認識は誤っていた。
「確かに女の子の方が好きだよ。でも、だからと言って男とセックスしないわけじゃないしね」
両刀・・・ともまた違うのだろうか。なんにせよ、出会い系のFTMであるアイカはよくわからない存在ではある。
アイカが言うことには、カノジョを探す時とセックスしたい時は出会い系を使い分けているそうだ。
つまり、それは俺のことを万が一にも好きになることはないということ?と聞くと「Yes I do!」となぜか英語で言われた。
「だから、遊ぶにはちょうどいいじゃん。お互いにね」
でもまあ、俺も遊びだ。出会い系のFTMなんて何を考えているんだ?と思って、アイカとコンタクトを取ったところラッキーなことにカップリングされた。FTMだからボーイッシュな女性が来るのか?と思っていたが、どこにでもいそうな普通の女性だった。FTM=男っぽいと考えてしまうのは偏見なのかもしれない。
ホルモン注射やオペ後には結婚の約束も
ある程度、性別の壁を越えてしまうと、セックスそのものも恋愛感情のようなコミニュケーションの意味を超えて、まるでゲームをするごとく楽しめるようになるのかもしれない。相手がFTMだからこそ、お互いの性欲をむさぼるセックスと言うゲームが楽しめるのだろう。
だが、そんなアイカは今は僕のカノジョ・・・いや、それを超えて奧さんなのである。
「気持ちは男でもさ、体は女なんだから、ちょっとその辺の注意が足りなかったかなー」
アイカのお腹は大きくなっていた。
アイカに相談された時、僕はきちんと籍を入れて父親になることを申し出た。僕はアイカがFTMにもかかわらず、彼女のことを好きになっていたのだ。
ただ、問題はアイカだ。FTMの彼女が果たして女性の本領である出産や子育てに気持ちがついていけるのだろうか?だが、彼女自身は「堕ろしたい」とは言わなかった。
「私がFTMなのはたぶん変わらないけど、この子が成人するまではさ、母親になりきって遊ぶのも面白そうではあるよね」
アイカはお腹をさすりながら、そう言って女性っぽい笑みを見せてくれた。
フェムリバ
レズの出会い

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

WordPress.com で新しいサイトを作成
始めてみよう
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。